So-net無料ブログ作成
検索選択

授業の感想 [教育]

看護学校の授業が終わり、感想を求めていたら、多数の人が返してくれた。

現場の話、体験談が多く、楽しく興味を持って聞けたと言うのが多く嬉しかった

反省点は、早口で進行のスピードが速くついて行くのが大変だったと

昨年より、教科書の内容が増えているのにいつもの時間しかなく、ポイントを絞ったつもりだけど絞り切れていなかったということ。

来年に向けて、どうするか・・・

テストはよくできている人と、できていない人の差が激しく皆60点以上がとれる授業ができなかった。

落ちこぼれをつくらないようにするにはどうすればいいのだろう!

検定試験に合格するために・・・

伝えたいこともいっぱいあるけど、まず、教科書に沿って検定に合格するために授業を組み立てたつもりだけど、工夫が足りなかったということ?

授業時間が足りない。詰め込み過ぎ

看護教育には4年が必要と言われ始めたけど

看護以前の基礎教育でつまずいている子も多いと感じる事がある。

専門課程の入試は倍率約2倍、ところが、3年課程は定員割れ・・・

これではいい人は集まらない。

今や、看護教育もほとんど大学になったので、地元の医師会立の看護学校が生き残るためにはよほどのことをしないといけない。

もっと、細やかな指導?そこにしかないこと・・・海外研修?国家試験対策合宿?私の頭では良い知恵は浮かばない。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。