So-net無料ブログ作成

突然の訪問者 [仕事]

先日退院して、自宅では介護ができないので別の病院に入院したAさんのご家族が

ここがいいのでまた入院させてほしいと来院された

夫の元同僚が、Aさんの弟になると娘さんとご一緒に

廊下の隅でいいから置いてほしいと(前にも別の患者さんから聞いた)

次の療養先も決まらずよく退院したものだ・・・

それだけ何か合わなかったのか・・・

退院後もよく相談を受ける


私の祖母も介護が必要、

世話をしてくれていた叔母が手術が必要となった

ショートステイに預かってもらえるのは3週間

一緒に住んでいる叔父も母と同じ小脳変性症(少し介助が必要)

祖母はよその家には行けるかいと・・・

みんなで説得していると

そんなに迷惑かけるなら、早く死んだらええと

そんなことを言わせてしまうことに涙が出た

しかし、誰もが納得する、いい方法が見つからない


本当に他人事ではない話だ・・・・



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

入院希望 [仕事]

毎日忙しい!

それでも、看護師は優しく笑顔で動き回っている

緊急の入院があった

痛くてたまらない、廊下の隅にござを敷いてでも入院させてください

昼食後の退院があったので、受けたけどそれまで待っていただくところがない

それにしても、ござを敷いてでもって・・・いつの時代よ・・・と


昼休みも十分にとれず何とかしないと・・・と

病棟師長が知恵をしぼっている


新型インフルエンザの余波は今治にも・・・

マスクは売り切れで製造が間に合わないらしい

病院にも表と裏の出入り口にマスクを設置しているが、あっという間に無くなる

ひどいときには設置してすぐ箱もなくなる・・・・

異常事態だ

業者にも1週間まってほしいといわれた

それでも、病院で使う在庫はまだある

いたちごっこでいつもいつも新型がでてくるのだろうな
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

保健所の立ち入り指導 [仕事]

保健所の立ち入り指導だった。
ありのまま見ていただいて指導を受ければいいのだが、
やはり、お客様を迎えるため、片付けや掃除をして・・・
花を飾って
そして、時間となりました。
今年は所長さん以下6名、昨年は、総勢9名だったかな・・・
今年から、診療所の指導も始まったのでなかなか忙しいらしい。

指摘事項は、私たちの課題となり、すぐできること、来年までに手直しすることなど色々
しかし、よくできていますとお褒めの言葉をいただいて、
なんだか、毎年どんな評価を得るのかとても楽しみな私は、おかしい!と自分でも笑みがこぼれる。

ことしは、感染防止がやはりメインだった。
スペースが狭い所を指摘されたけど・・・
どうにか工夫ができることならいいのだけど、
物理的なのは・・・頭が痛い。

でも、来年へ向けてまた、わが職場がよくなります。
今年は、リハビリと外来も見られた。
いつもは時間がないから見てなかったと
今年は、検査室と手術室は省略ということになった。

疲れて帰ってきたら、近所のおばさんが、小松菜のわき菜をたくさん作って(下ごしらえ)持って来てくれた。
常夜鍋と煮浸しにしてもまだ残ったので、ゆでて冷凍にする事に
冷凍室の棚が詰め過ぎや割れていた。
前の冷蔵庫の棚も割れたよな~。
メーカーさん、もっと丈夫にしてください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

看護とは・・・ [仕事]

川島先生が、パートナーの看取りから、反省の文を書かれていた
緩和ケアを受けていたパートナーさん
「緩和ケアとは何もしないことか」と

呼吸が苦しいと訴えても、看護師は酸素濃度を測って「大丈夫です」と去っていく
看護とは手を使うのではなかったか・・・と

反省、我が職場にもそんな光景がないとは言えない
朝、各病棟へ順番に行って話したら、

「看護とは、手と目で護ると習ったよね」と
母の暖かく優しい手を思い出した。
そんな看護ができたらいいなあ

人の気持ち [仕事]

患者さんとどう向き合うか
この姿勢が大きく違う人と、どう摺り合わせをするか?

この深くて大きな溝をどう埋めていけばいいのか・・・・

人の気持ちなんてなかなか伝わらないものだということを経験した。

お互い?完成された人間ではなく、発展途上にあるとして、自分の考えを押しつけるつもりはない。

けど、核になる『人として人をどうみるか』、その一番根底にあるものがどうも理解しがたい

もう、やめた!と言うのは簡単(実際は簡単でもない)だけど、そうできない責任もある。
でも、前部長は職場の方針に合わせられなければ自分が辞めるしかないとよく言っていた。これも真実。

あきらめずにどう伝えていけばいいのか・・・頭が痛い。

実際問題何故に私が腹を立て、目くじらを立て、こんなに悲しんでいるのかはなかなか伝わらない。

少し話をしても、そうではないけど・・・と思うけど説明するのも難しい

同僚が、何かが違うと言ったけど、この何か解らないけど言葉にしがたい思いは大切にした方がいいとは糸井さんの本にあったのかしら・・・そうしないと、言葉にできない気持ちがなかったことになると・・・

どう、踏ん張るか、誰のために踏ん張るかだと考えている。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京出張 [仕事]

4月からの診療報酬改定に伴って
日常生活機能評価の研修に行ってきました。

何だか、久しぶりにテストを受ける身になって少し緊張していたのか、3日も不眠だった。
不眠だった1日目、朝3時半携帯が鳴った
福岡にいる子どもから、あごがはずれた、痛いとわめいている
救急病院に行くように言ったけどどこか解らない、しゃべれないのでタクシーも呼べない
友達か先輩に助けを求めるように言ってもできないの一点張り
落ち着いて、冷静に判断して、母はどうしようもできんやろ・・・

結局3時間、だだこねて・・・でも病院行こうとネットで調べてもう1時間あるので、もう一遍自分でやってみようと思ったら入ったと
私は、冷静な判断ができるように祈るばかり・・・

そうそう、研修
良い経験でした。

浅草から、田町まで満員電車の経験をして
暑かったり、寒かったりの東京で、

二晩地元の美味しい物を食べました。
もんじゃ焼きと泥鰌なべ・・・

そして、また日常の日々
院内研修も今月中にしなければ・・・

落ち込んでいるスタッフの話も聞かなくっちゃ・・・

医師との関係 [仕事]

人はそれぞれ色んな性格の人があって、

なかなかぴったりという人はいないと思う。

普通でいいと看護師達

それが、なかなか激しい性格の医師がいて・・・

彼は彼なりに一生懸命で、大変なこともわかるけど、

もう少しどうにかならないかと・・・

ここは一つ話し合い

日本人が美徳とする察しあいで誤解が生じることもある。

少し潤滑油が必要と思うけど、直接ぶつかるべきか否か

オブラートに包むべきか否か

言い方を整理して、話してみようと思う

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピンチはチャンス [仕事]

今年も後2ヶ月をきりました

早いなあと感じるのは歳をとった証拠っていうけど、子どもに1年は早いかと問うと、割合と答えた

彼は、24才。22才の大学生も早いと言っていたらしい。

二十歳でもう、早く感じるなら50になって早いのは当然と思ってしまう。

新しく来てくれた看護師が辞めた。

スタッフ達はグチもこぼさず頑張っている。

しかし、このままでいいはずがない。

皆で何とかしよう、いい知恵を・・・と病棟会で話したら、病棟師長が寝ずに考えた・・・とナースステーションの模様替え。チームでもっと助け合ってやってみようと提案した。看護界の看護方式は、色々ある。私が育った頃の機能別は一時批判され、最近また耳にするようになった。医療界のめまぐるしい変化に事故防止にと色々な観点かららしい。

プライマリーや、固定チームや、モジュール・・・色々ある。詳しくは解らないが、きっとそれぞれにいいところも弱いところもあるに違いない。

どれがいいではなく、自分の職場にどれが合うかだと思う。

受け持ちから、チームに変えた。

思ったより仕事がスムースに片付く。帰るのも早くなった。

ピンチはチャンスを実感した。

そんなとき、育休明けで帰ってきた同僚が、何か、めまぐるしく言葉が飛び交っている朝にびっくり!と

最近来てくれたナースは、「看護師がすごく優しい。自分の頭がついていくかどうか」と言う。

人が辞めるたび、副院長に一般病棟は、忙しいから別の病棟にしい。どしてそんなに辞めるのかと言われる。でも、3ヶ月の彼女は10年いるようになじんでいるし・・・お互いの相性かも・・・

最近、無理に引き留めても辞めたい人はきっといつか辞めるように思う。ならば、お互いのために、相手の人生の為に引き留めない方がいいのだろうか・・・

病んでる若い子がいる。どうしたものか。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

叱られた [仕事]

職場の実質代表者に叱られた

笑い声が大きい、仕事に緊張感がないと・・・馴れ合いで仕事するなと・・・

ショック!

(なれあいは、慣れ合いだとおもっていたら、馴れ合いとは・・・意味がまた悪い。共謀とか、悪事などの見逃しとか・・・ええ~。そうだったの・・・?この年になるまで知らないことが多い。)

もう一つトップや病棟師長が率先していないから、皆がしないというようなことも

まあ、こんな日もありますわと私にしては落ち込まない。

その日の午後、実習生になめられているのかというようなことがあった。

頭にきた。

甘やかしすぎと評するスタッフもいる。

気になった。自分が叱られた連鎖?

嬉しいこともあった。

仕事が楽しくて仕方がない、というのを聞いた。

嬉しくて、有り難くて・・・感謝。

転院してきた患者さんに関わって、患者さんの笑顔に励まされ、家族に喜んでいただいて本当に嬉しい。

誰しも自分(達)のしたことを認めてほしいものだと、先日のスタッフの声を思い出した。

もっと、認める言葉・・・がんばってるね、○が喜んでいたよとかを惜しみなく発していこう。

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

知らなかった人の気持ち [仕事]

今週は気を取り直して、仕事をしている。

患者さんもみんな落ち着いていて、バタバタすることもなく、自分の仕事もはかどっている。

後は、月末へ向けての書類の準備

来週看護学校へ就職説明会に行く

学校の副校長先生にお宅は希望者が多いので、パンフレットを持って来てください。

なんと、パンフレットとな・・・

介護保険が始まるときに作ったきり、うちの病院にはパンフレットがない。

最近やっとホームページを作った。

仕方なく看護部の紹介を自分で作った

理念や、私の目指す看護集団について

そして、各病棟の師長のことば、比較的若いスタッフのことば

そして、驚いた。

とても、明るく、元気のよい子が書いてくれたのに

いつも、看護師なんて辞めたいと思っていたと、注意を受けるたび、私はこんなに頑張っているのに誰も認めてくれないと思ったと書いていた。

え~。

驚きだった。少し元気がなく、注意をすると泣いたことはあった。しかし、あの頃辞めたいとまで思っていたとは・・・

私も鈍い。もっと敏感に支援をせねば・・・

しかし、いつも自信なくへまをやっていた彼女はとても成長した。

自分で切り抜けた。

支えになったのは、看護学校で苦労した仲間と家族、そして厳しく指導してくれる先輩だったと

あとの一言は付け足してくれたのだと読みながら感じた。

この子はよく気がつく、よく動く子だ。

それなのにこんな風に思っていたとは・・・

若者がどう受け止めてくれるか。

もう一人、学生の時は辛くて辞めたいと何度も思った。しかし、今も看護師を続けているのは、先輩達がみんな同じ道を歩んでいるので、よく相談にのってくれたから・・・と

なんだか生の声が聞けて嬉しかった。

彼女たちの素直な気持ちを無駄にせず、頑張ろうと思う。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。