So-net無料ブログ作成
検索選択
思ったこと ブログトップ
前の10件 | -

新年早々 [思ったこと]

仕事始めの4日

入院が6人、バタバタしている一般病棟に最後に入院してきたのは伯母

クリスマスの頃から少し物忘れが始まったらしい。

検査の結果、脳梗塞。

血管性痴呆?

5分前の記憶がとんでいる。


伯父が先に記憶が不確かで、伯母が支えていたので、大変!

従兄弟たちはみんな仕事をしているので、伯父の世話も大変そう!


回りがみんな齢をとっていく。

自分も例外ではないけれど・・・・


鬱状態の治療を受けている子ども

薬のせいか、記憶障害で怖いと言う、

何度医師に訴えても変わらない。とこぼす

ドクターの返事を尋ねても、覚えていないとのこと。


自分が若年性アルツハイマーになったことを想像してみると、怖いのもわかる気がする。

それなのに、子どもの気持ちにより添えない。

なんだか、いらいら腹が立って

いい言葉が出せない。


友人からの年賀状

韓国のことわざ「往く言葉が美しければ、来る言葉も美しい」をモットーにがんばりたいです。』とあった。

新年早々、反省しきりの親です。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

私が悪い? [思ったこと]

先週末は、大阪まで貸切バスで日帰り

千里リハビリテーション病院の見学に

もっと、落差にショックを受けて帰るかと思っていたけど、

さにあらず

とても美しい病院だったけど・・・

気づきの医療、特別でなく日常を大切にされている

考え方は近いと言うか、似ている

すでに、同じようにがんばっている部分があるから

打ちのめされることがなかったのだと思う

来月は感想会

仲間がどう感じたのか言い合うこれも素敵な勉強になる

楽しみ!


そんな連休を過ごした後の出勤
朝から腹立つ
病棟師長が事務から、顎関節徒手整復の手術同意書がいると言われたと医師に迫っていた
え~
股関節の脱臼整復も何回も経験してるけど
全部サービスだったらしい
何故?今に始まったことじゃなし、もっとインフォメーションしてほしいといつも言っているのに、
と朝から文句を言った

それより何よりあごが外れて入れてもらうのは手術だということにびっくり
事務がいう○○術はすべて同意書がいるという。
顎の整復も徒手整復術というらしい
現場の感覚とずれている

組織の隙間を埋める作業は難しい!
それぞれの専門的な仕事の上に、他職種間のコミュニケーションをどうとっていくのか・・・・

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

タイムカプセル [思ったこと]

ふるさとタイムカプセルが20年ぶりに開けられて

当時20年後の自分や家族に宛てて書いていた葉書が届いた。

長男は、

『春から年長、いつの間にか字の読み書きができるようになった。感受性の豊かな子で涙もろい。
アウシュヴィッツ展に行った。パネルを1枚1枚説明してくれと言い、泣きそうになる。後日の感想「一番大事なことやったね」どこまで覚えているか。・・・』

とあるが、アウシュビッツ展に行ったことも忘れていた。
どこであったのかも思い出せない。

20年・・・・記憶より記録を思い知る

私は、子育ては親育てと思うと楽しいとある。

子育て楽しんでいたんだ!

4月から消費税3%導入。竹下登内閣支持率9%とも



民主党政権もどうなるのか・・・・

3兆円削るといき込んでいるが、何がどう削られるのか

金額を抑えればいいってものでもない。

子ども手当ての目的は?

もっと根本を考えてほしい。

高速道路、1000円の影響は大きく、

船会社は、大変。

公的援助はできないのか・・・

一度廃止になった路線を再開するのは難しい。

と言いつつ、1000円の路線を利用している自分がいる。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

9月も最終日です [思ったこと]

あっという間に9月も最終日、

いろいろ悩みを聞いた1ヶ月だった

祖母の介護について

若いスタッフの悩み・・・

同業者の悩み・・・

患者さんの悩み・・・

そのご家族の悩み・・・

子どもの愚痴

母の日々の生活について

父の兄弟でうまくいってない関係の人がいるので、大変そう

弟は片足棺おけにつっこんどんのに喧嘩してどうするんぞ!という

同感!

無くなる前には仲直りができればいいけど、1対多数なので難しい。

みんなが少し歩み寄ればいいけど、それもなかなか難しい!

フィッシュ哲学を導入した病院の話を聞いた

思わぬ効果があるらしい

子育てと一緒でいいとこ探しができるみたい

職場を選ぶことができない人でも、今日の働き方は自分で選べると。

確かに!

態度を選ぼう!というポスターを見たことがある

自分はどんな顔をして仕事をしているだろうか。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

祖母の入院 [思ったこと]

ショートステイが切れた97歳の祖母、
起き上がるときに、いたた・・・とたびたび言うので
どこが痛いのか問うと、体中と言う
圧迫骨折でもあるのではないかと診察を受けると
なんと背骨が6ヶ所も圧迫骨折を起こしていた。

痛いはずや・・・・
それでも、じっと我慢していた祖母を思うと涙がでる
どこまで我慢強いのか

かくして祖母は入院と相成った
病院にいても退屈と嫌がるかと思ったら
すんなり入院を受け入れた
入院中に少しでもいい思い出を作りたいと思う


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

飲み会 [思ったこと]

回復期リハビリ病棟が2年経過し、専従医(今は専従でなくても認可されるが、当院では専従のまま)が、

他の先生方にも呼びかけて慰労会をしようと、計画してくれて

私も参加した

20名で、とてもにぎやかな会だった

一人ひとり、回復期リハビリ病棟への日々の思い、感想、意見を述べ合った

これがよかった。

話がひとつで進展していった。

中に、看護師の本音があった

リハビリスタッフは、多くても2時間の訓練、私たちは残りの22時間生活リハビリを頭において看ているのに、

リハビリがいいからよくなったと言われる。

N作業療法士は、トイレ介助を本当によくしてくださる。(そうでないセラピストもいる)


私は、普段でも言いたいことを言う方だけど、アルコールが入るとよけいにストレートに言ってしまう。

相手が医師であっても、他部署(リハビリ)のスタッフであっても・・・・

若いI理学療法士が、自分はまだ経験が浅く、フリー歩行にする判断に迷うことがある。そんな時看護師さんに、大丈夫よと言われると、安心する。また、自分は視野が狭くなるので私に言ってもらうことは、すごくありがたいと言ってくれた。

後日参加したスタッフが、何人もとてもいい会だった。
本当は参加したくなかったけど、みんなの熱い思いが聞けて嬉しかった。
院長先生はじめ、多くの先生の考え方や人生の先輩としての話がよかった。

・・・・などなど

ノミニケーションは、日本的と批判されることもあるけど、
ひとつの潤滑油になると思う。
酒の力を借りて、話してはいけないこともあるけど、
それだから、言えることも言う人もいる

実際1年前、もめにもめた新しい医師とも、飲んで本音をみんなでぶつけて関係がよくなった

今では、信頼関係ができ、相談もよくしている。

ここで聞いた切ない看護師の思いを受けて、がんばりたいと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

心がつながるって? [思ったこと]

後輩が子どもを連れて帰省していると
人づてに聞いた
へ~、そう!
しかし、私にはいつも連絡がない。

私は忙しいからが理由らしい

少し寂しい気がした
友人も多いし、親孝行もしないとね。
恩師がよく言っていたのを思い出す
「せっかくの休み、私に会いに来る時間がご両親に申し訳ない」と・・・
確かにそんな親心もわかる

でも、その気があれば、会いたい人ならばどんなことをしても会いに行きたいけどなあ

しかし、一瞬で違う考えが浮かんだ
心がつながっていれば、会わなくても・・・以心伝心だよね

どちらが思いやりなのか

長男は、叔母や母がお小遣いをくれても断るタイプ
次男は、ありがとうと素直にいただく
母は、もらってくれたほうが嬉しいという
それを聞いて長男も何度かは断っていたが、今はいただいているようだ。

会いたければ、会う
会わなくても信頼は変わらない
気の向くままに、かな。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

在宅支援 [思ったこと]

我が祖父は中風で片麻痺を患ったけど、
島の診療所の先生に往診に来てもらって
我が家で生活した

失語症があって、
時々イライラしていた
30年も前の話になる

当時、畳の上で死にたいとよく聞いた
少しずつ病院で亡くなる人が増えていたのだと思う

リハビリの知識もなく、
祖父は病を受け止めて3年後くらいに亡くなった

父も脳梗塞で片麻痺になり、
入退院を繰り返した
それでも寝たきりではなかったので、
母と二人で生活していた

最近では在宅支援が充実してきた
老々介護の現実の大変さを思いつつ
退院支援をする

先日、四肢麻痺で要介護5
奥様も病気がちな患者さんが
退院時よりも随分明るく、お元気そうな姿を拝見した
ベストケアのデイサービスを利用されていて、とても満足とのことだった

院長の発案で、
リハビリの若いスタッフに呼びかけ
ケアマネとともにベストケアしまなみの見学に行った

当院を退院した方がたくさん利用されていた
みんないきいきした表情だった

リハビリスタッフに負けたらいけんと誘ったが、
とんでもない。

リハビリだけではなく、
介護も看護もその対応は頭が下がるものだった
よそ事ではないわ・・・・ガーンって具合

デイサービスなのに、理学療法士や作業療法士が個別リハビリプログラムを立てて訓練をしてくれる

こんなサービスが増えると、安心して在宅で生活できる

もっともっと支援サービスを勉強して、連携をしなければ・・・・と思った

そして、

暖かい接遇、短時間だったけど
得る物の多い見学だった

メロンパン [思ったこと]

先日の大島1周駅伝に
島のメロンパンを差し入れようと
母に注文を頼んでいたら、
叔父が受け取りに行ってくれ
おまけにおごってくれると代金も受け取ってもらえず・・・
そして、甘酒をわかしてくれた

私は何にもしていない

そして、今日初めてあった若者にお礼を言われて
「あの、メロンパン。普通に売っているのですか?めちゃ気に入ったので、欲しいのです。」
「今度買って来てあげようか?」
「え~え、本当ですか?5個お願いします。」と
一人暮らしの彼、まさか、一人でたべんよね。
まあ、いいか。

何だか、こんなお礼の言われ方がうれしかった。
ありがとうございましたではなくて・・・
やっぱり、贈り物にはなにがしかの思いが入っているので、それを共有したいみたいな。
自分も心がけようと学んだ出来事だった。

島のメロンパン、形も変わっているけど、
わたしにとっては普通
島の法事にはよく登場する
我が子も、甥や姪も大好き

いつ買って来れるかな~
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

帰りのフェリーで [思ったこと]

島に1泊して、
大島1周駅伝に参加する職場の仲間の応援に行った
以前は、我が実家の前を走っていたのに、
参加者が集まりにくいと
9区から7区になって
実家の海岸線はカットされてしまったらしい

で、

叔母の家の前から応援
そこから、車で追っかけ・・・
ゴールを見届けて帰ってきた

寒い中皆様ご苦労様でした。

帰りのフェリーの中で知り合いにあった

休日はしまなみ海道も半額だけど(我が車にはETCがついていない)
それに対抗して
おおしまフェリーも、車両は半額になる
こんな金額では経営が成り立たないと思う
合理化もやれるだけやっている
自社努力の域を超えていると思うけど・・・

島の生活をずっと守って来てくれたので、
どうにか支えたい
私一人が頑張ってもどうにもならないけど
そう思いながら、
客室にあがって暖かいココアでも飲もうと自動販売機に並んだ

そこで、見覚えのある方に
母と同級生で、奥様の入院生活も4年4ヶ月になるとのこと
うちにリハビリで転院してきていたが、
手術した膝が化膿して元の病院に帰って行った
その後3回手術を受け
別の病院に今はいるとのこと

段々食事も食べなくなって胃瘻を入れている
ずっと寝かされていると
耳が痛くなる心が痛くなる言葉も多く聞いた
「はよ、食べて、はよたべんのならかたすよ。」
とせかされたり・・・
連携室の若い子が話があるというので、
病室では困ると言うと
大丈夫ですよ。と言われたので、よう考えた子やと思っていたら、
奥様の枕元で、
「N施設がいいですか?Y施設がいいですか?」
といいだしたので、
外へ連れ出して文句を言った

それから、奥様は食事をしなくなったと・・・

そして、考えてほしいと言われたことは
病院の壁や天井は清潔第一か白っぽいけど、
あれ、楽しい絵でも描いていたら少しは病人の気もなぐだろうにと
今や、電車やバスでも楽しい絵をかいとるでと

ふと、ののはな診療所の谷川俊太郎さんの詩が描かれた壁を思い浮かべた
先日見学に行った橋本病院は、どのベッドからも外の景色が見えるように配置されていたっけ・・・

寝たきりにされてしまった患者さんのことを思って、
辛くなった
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 思ったこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。